介護・福祉の求人や転職はハクビ求人にお任せください。

求人お役立ちコンテンツ 〜テンプレートダウンロード〜

基本的に介護・福祉業界だからこう書くというような
履歴書のテクニックはありません。
重要なのは一般的なマナーに沿って記入していくことです。

HOME > 求人お役立ちコンテンツ 〜テンプレートダウンロード〜

求人お役立ちコンテンツ

このページではハクビが、介護・福祉業界の採用担当者に好印象を与えることのできる履歴書の書き方を教えます。
ぜひ参考にしてみてください。

履歴書テンプレートダウンロード

履歴書の書き方のコツとは

これは介護・福祉業界関わらずどの業界でも言えることではありますが、重要なポイントは「丁寧さ」「マナー」です。
まずは履歴書の書き方のマナーを把握しましょう。

手書きで丁寧に書くことを心がける

最近はパソコンで作成された履歴書も一般的になりつつありますが、介護・福祉業界の場合、原則的に手書きがおすすめです。
大切なことは、字がきれいかどうかよりも「一生懸命、丁寧に」書かれているかということ。
字を書くのが苦手でも、丁寧に書かれた文字からは、あなたの熱意や誠意が十分伝わります。

誤字・脱字に注意しまじょう。後から訂正するのもNG

誤字・脱字があると、それだけで印象がマイナスになってしまう可能性が高いです。
また、間違えた文字を修正液や修正テープで訂正したり、線で消して書き直すこともできるだけ避けましょう。
日付の西暦・和暦を統一することも、大事なポイントの一つ。
万が一記入ミスをしてしまったら、上から修正するのではなく新しい履歴書に書き直しましょう。

筆記用具は黒のボールペンか万年筆

記入ミスが怖いからといって、簡単に訂正できる鉛筆書きはNG!
社会人としての常識を疑われてしまいます。
黒(または青)のボールペンか万年筆で書くことをおすすめします。
書き終わった後は文字の「にじみ」や「かすれ」がないか、しっかり確認することも大切です。

履歴書の書き方例

日付の記入の仕方

記入日ではなく、履歴書を提出する日を記入してください(他の項目と西暦・和暦を統一すること)。
郵送する場合はポストに投函する日を。持参する場合は履歴書を持参する日を記入してください。

氏名の記入の仕方

楷書体で丁寧に記入します。
また、印鑑は原則、シャチハタではなく、朱肉を使うタイプの印鑑を使います。
曲がらない(傾かない)ように注意し、朱肉がかすれたり、にじんだりしないよう、しっかり丁寧に捺印してください。

生年月日・年齢

生年月日の年の表記は他の項目と西暦・和暦を統一します。
年齢は「日付」に記入した時点での満年齢を記入します。

現住所・連絡先

原則として、住民票に記載されている住所を記入します。
住所は省略せずに、都道府県名からマンション名・ビル名、部屋番号まで、きちんと正確に記入してください。
番地も「−(ハイフン)」を使わず、○丁目○番地○号と記入した方が丁寧です。
ふりがなは漢字だけにふります(フォーマットに「ふりがな」とある場合はひらがなで、「フリガナ」とある場合はカタカナで記入)。

連絡先が現住所と同じ場合は「同上」。異なる場合は確実に連絡の取れる住所・電話番号を記入します。
電話番号は日中連絡がつきやすい電話番号を記入します。
自宅の固定電話と携帯電話を記入するのが一般的ですが、最近では携帯電話だけでも問題はありません。
メールアドレスは基本的にPCのメールアドレスを記入します。
またマナーとして勤務先のメールアドレスは、転職活動をしていることが勤務先にわかる可能性が出てしまうので、避けたほうが無難です。

証明写真

3カ月以内に撮影した証明写真を添付します。
間違ってもスナップ写真やプリクラを貼ることはしないように。
写真はのりがはがれて落ちることがありますので、念のため、写真の裏面に自分の名前を記入することをおすすめします。
写真はあなたの第一印象を左右する大切なポイントです。
表情や服装にも気を配り、さわやかで健康的なイメージを伝えられるようしましょう。
(服装はスーツが理想ですが介護・福祉業界の場合はジャケットなどのビジネスカジュアルでも問題ありません)

学歴・職歴

「学歴」と「職歴」の項目ごとに分けて記入し、最後の行の右端に「以上」と記入します。
年月は、他の項目と西暦・和暦を統一してください。
学校名は正式名称で記入し、県立・私立なども書き忘れないようにしましょう。
[例]県立○○高校 → △△県立○○高等学校
(小学校と中学校は卒業年月のみを記入するのが一般的です)
職歴に関しては過去のすべての職場を記入するのがよいでしょう。
派遣やパート・アルバイトでも仕事へのアピールにつながるものであれば記入をおすすめします。

免許・資格

介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員などの資格を、取得日が早いものから順番に、取得日とともに記入します。
資格名は通称ではなく正式名称で書きますが、法改正などにより、取得時と資格名と変わっている場合があるので、必ず確認してください。
取得資格が少なく、現在取得予定(勉強中)の資格がある場合は、その内容を記入しましょう。
(例:○○資格取得のために勉強中(または受講中)など)

志望の動機

履歴書の中で、あなたのやる気やスキル、強みをアピールできる項目です。
特技、好きな学科、得意な科目・分野、趣味などですね。
ここは履歴書の項目の中でも最重要項目といってもいいでしょう。
「やる気は人一倍です」のようなあいまいで使い古された言葉よりは、具体的な事例をあげ、あなたなりの言葉で自分をアピールしましょう。

本人希望記入欄

希望する勤務地や勤務時間を記入します。
細かな内容については、面接時などに採用担当者と話す機会もあるとは思いますのでできるだけシンプルに希望することのみ記入しましょう。

介護・福祉の転職のご相談・お問い合わせはこちら
もちろん無料!知識と経験の豊富な相談員が
あなたの就職・転職をサポートします

お問い合わせはこちら

0120-892-025

[受付時間] 9:00 ~ 18:00 (祝日除く)

現在の求人件数

1352

求人お助けコンテンツ

非公開・新着求人が手元に届く!
ハクビの無料メールマガジン!!
更に転職に役立つコンテンツも満載。
完全無料のハクビのメールマガジンにぜひご登録ください。
簡単5秒登録!
お名前
フリガナ
メール
アドレス
※すべて必須項目となります。
検討リスト

0件

< リストを見る
現在検討リストに保存されている
求人はありません。
> リストを閉じる